kaoru's dairy

プロボディーボーダー鈴木薫のトリップや波情報、日々の生活を気ままに書いた日記です。
災害ボランティアの心得
大震災から12日が過ぎニュースなどでも
これから復興へ向けてへの準備と
長期化する避難所での心のケアーが
重要になってくると言っている。

心のケアーについては
大震災が起こってからずっと気になっていた。

大地震

津波

目の前で流されて行く人を見て助ける事ができない事

瓦礫の山

安否確認さえできない状況

家族を亡くした悲しみ

物資不足

将来への不安

その他にも
たくさんの事を数日間で全てを経験した被災者の皆さんへ
心理学の勉強をしてきたにも関わらず
今の私には何もしてあげれない事が
とても辛いです。

親御さんをなくしたお子さんに
ご主人をなくされた奥さんに
奥さんをなくされたご主人に
お子さんをなくされた親御さんに
被災された皆さん1人1人を抱きしめて

「我慢しないでないで!!」と


元気余りある子ども達に

「遠慮しないで遊びなさい!!」と


老人の方たちにも

「生きているのが申し訳ないなん思わないで下さい」と

言ってあげたい!!

被災地に行けない変わりに毎日TVに向かって言っています。


ボランティア活動をしているのだから
被災地に行くのが当たり前なんじゃないかとも
思いましたが、自分が勉強していた事を
冷静に考え、教科書を読み返し

災害ボランティアについて読んだ時

阪神淡路大震災の時のボランティア状況で以下のことが書いてあった。


 災害ボランティアにおいて注意すべきこと

1 被災者へのモラルと節度をもった接し方を心がけること。
  ボランティアはともすると、被災者に対して「やってあげている」という傲慢な態度を持ちやすい。

2 被災者に自立を妨げぬこと。
  被災者自信ができることまで手助けすることによって、かえって被災者の依存心を増進させ
  自立をさまたげることがある。
  このため、避難生活が長期化した場合には、いつボランティア活動を終了し撤退するかが
  重要となる。

3 被災直後の日数を除き、災害ボランティアは長期滞在することが原則となる。
  日帰りや1泊程度では、援助のやり方や施設の様子がわからないまま、避難所などで
  いたらずに時間を過ごしてしまう。
  長期の滞在ができぬ場合には、ボランティア組織に加入して組織のなかで活動するのも
  有効であろう。

4 ボランティア時の携帯品にも留意したい。
  ボランティア自身の宿泊準備や被災地までの往復の交通費のほかに、
  自分の身分を証明するものを携帯すること。
  避難所では窃盗などの犯罪が起きやすい状況にある。
  避難所側が訪れたボランティアに安心して仕事を託すためには
  ボランティアの身分の確認が必要となる。

20110323124017.jpg


全てがクリアーできない私は行くべきではないと結論が出ました。

でも以上をクリアー出来ている方たちは
被災地へ向かって頂きたいとも
思っています。


何も考えないで行動に移す私
見ず知らずの土地じゃないんだから
今すぐにでも行きたい!!
そんな気持ちを抑え
今出来る事を精一杯行動に移します。



| Kaoru Suzuki | ボランティア | 12:21 | comments(0) | - |
修了書
障害者スポーツ指導員初級の講習会を無事終了しました

講習会は4日間と少し大変でしたが
とても勉強になり受けてよかったと
思っています

Ocean'sLoveボランティアスタッフさんで
興味のある方は是非受けて欲しいです

20110306174808.jpg
 
| Kaoru Suzuki | ボランティア | 17:49 | comments(1) | - |
障害者スポーツ指導員講習会
3回目の講習会嬉しい

午前中は障害者スポーツに取り組むには哲学が必要です!

というような興味のあるな内容の講議でした読書

午後1つ目の講議は日本赤十字さんより救急救命の講議

AEDの使い方を教えてもらいましたニコニコ

これもまた勉強になりましたよ〜ノーノー

2つ目は障害者スポーツの競技

フライングデスクとボッチャ

両方とも難しかった汗

けど難しいから結構はまったグッド


今日で3日目の講議が終了

あと残り1日頑張りますワッ!
| Kaoru Suzuki | ボランティア | 13:32 | comments(0) | - |
どうしたらいいか悩んで
スターパワーAHVの件で田園調布特別支援学校高等部に行ってきました楽しい

丁度行った時間が作業の時間でそれぞれお菓子を作っていたり
お掃除をしていたり、クリーニングをしていたり
みんな一生懸命やっていましたニコニコ

学校見学はまたまた勉強になりました鉛筆



どうしたらいいか悩んだと言うのは向かう電車でのお話ノーノー

早めに出たにも関わらず東海道線に乗っていたら
線路内に人が入ったと言って15分止まってしまったでんしゃ

やっと横浜着き東急東横線に乗り換え電車に
乗るときは約束の時間ギリギリに到着予定
焦ってホームに並んでいた冷や汗

隣に知的障がいの女性が並んでいるとは思っていたんだけど
「大倉山は停まる?」と聞かれ

大倉山が何処なのかわからなかったから
時刻表の停車駅を見に行ったら
菊名の隣の駅だった

でも私たちが乗る電車は特急で大倉山には停まらないムニョムニョ

私は「この電車に乗って菊名で乗り換えて各駅電車に乗れば行けるよ」
と答えた。

女性は「わからない」というので

「菊名に着いたら教えてあげるから」と言って女性は特急に乗った

電車に乗って女性は優先席に座った

私は目の前に立つのもイヤかもと思ってドアの前に立っていた

そしたら女性が隣のおじさんに「大倉山は停まる?」と聞いた
おじいさんは「菊名で向かい側に来ている電車に乗りなさい」と
優しく教えてくれていた

菊名に着いておじいさんが「乗り換えだよ」と言って
女性は降りようとドアのところに来たので

私も「前の電車に乗って」と言って私はそのまま電車に乗っていた

女性は向かい側に着ていた各駅電車に乗らずホームの真ん中で
立って悩んでいる様子だった

私は降りて一緒に各駅電車に乗ってあげるべきか
一瞬思ったんだけど、この電車で行かないと約束の時間に
間に合うどころか大遅刻!

電車の中から誰か女性に話かけてあげて
それとも、もう1度誰かに聞いて心の中で叫んでいたびっくり

でもその時点で女性の大倉山での待ち合わせの時間までに
20分以上あったので、私は次の電車に乗っても
彼女は間に合うと思い、私は電車を下りなかったのもあったふぅ〜ん

自分の約束の時間に遅れる方を取って
一緒に各駅電車に乗ってあげれば良かったのか
凄く悩んだ

本当はどうすべきだったのかな〜と

Ocean's Loveの時に障がい者にやさしく手を差し伸べてくださいと
言っているのに最後まで出来ない自分もイヤだったけど

初めてお会いするのに遅刻するのもイヤだった

きっとこういったシチュエーションはまたあるはず

こんな思いをしないためにも

Ocean's Loveを通して10m間隔にナチュラルサポーターさんが
増えていくようにすれば、今日みたいに葛藤する事もなくなる
と自分自身言い聞かせで締めくくりました撃沈

私からおじいさんまでは良かったけどそこから先が。。。。

見ている限りでは続かなかった

目的地まで関わった人が心配しなくていいようになるといいな〜




| Kaoru Suzuki | ボランティア | 18:39 | comments(4) | - |
なんだが嬉しい
日曜日にベルマーレVSエスパルスを見に行った時に
嬉しく感じることがありました楽しい

車椅子の方が付き添うの人とフィールドトラックを
移動していてなんで中にいるのかな〜と
目で追っていたら車椅子の方用の専用シートが
あってビックリびっくり

でもなんて心くばりをしている球団なんだろ〜と
嬉しくなりました拍手

何度も平塚競技場に行っているのに気がつかなかったたらーっ

ゆっくり見れるし危なくないし!

他にスタジアムは車椅子専用の見る場所があるけど
平塚競技場は1番良いかもです。



| Kaoru Suzuki | ボランティア | 20:04 | comments(0) | - |
中京テレビの夕方のニュース
中京テレビ(日テレ系列)の夕方のニュースで
伊良湖で開催したOceansLoveボランティアスクールが
放送されました楽しい



15分と長い時間の放送だったそうです拍手



内容を見ていないので解かりませんが
マキちゃんのインタビューや
OceansLoveのお話をしていると思いますが

田原市サーフィン協会の方たちが
この日を迎えるにあたり
忙しい中準備をしてくださり
愛知県内外のサーファーの方たちが
ボランティアで参加をしてくださり
開催を実現できたことを放送を通じて
感じて頂けたら幸いと思いますニコニコ

今回の伊良湖が地方開催では初めてでしたが
これからまた地方での開催を
増やして行きたいと思っていますので
宜しくお願い致しますラッキー

ニュースの写真はBeachGardenSurfのふみとさんが
送ってくれたものです!
ありがとうおはな
| Kaoru Suzuki | ボランティア | 10:42 | comments(0) | - |
ボランティアさんがたくさん
OceansLoveスクールの日程をHPでアップしていて
それぞれの日程にボランティア参加のメールが毎日
届いていて、とっても嬉しいです楽しい

サーフィン経験者やサーフィン経験なしに方

参加希望でエントリーされた方のお友達を誘ってとか

参加の動機はさまざまだと思いますが

ボランティアスタッフさんはOceansLoveの活動をしていくのに
なくてはならない人たちなので、

こうして参加してくれるということは感謝、感謝です!


欧米ではボランティアは自分の為にするものとされていますが
日本ではまだその考え方は浸透していないので

ボランティアをするのは何かの為と考えている人が多いと思います

その考え方をOceansLoveに関わった方たちに
少しずつ考え方を変えて欲しいので
参加費を頂いているのです。

参加費は初回は1000円2回目以降500円としています
これはスタッフTシャツ・お弁当・保険代と
なっていますが、本当は参加ボランティアさんが
ご自身への勉強代として考えて欲しいと思っています


私たちは知的障がいの子供たちにサーフィンをさせて
あげているという気持ちは全くなく

海から無償(タダで)でたくさんの喜びや辛さを
経験させてもらっている

もらってばかりではいけない

もらったらお返ししなくちゃ

Give and take

その恩返しの形がOceansLoveの活動なのです

でも恩返しのつもりが
たくさんの事を子供たちからいただいています。

障ガイをもっている子どもはとてもピュアで正直
そんな子供たちと接していると

心を全開にして私と言う人間を受け入れてもらえるように
しないといけないと常に感じます

体裁ばかりを気にする人達の中で生活していると
本当の自分を見失ってしまいますから

心のままに行動する事は勇気がいりますが
本当は一番必要なことなのではないのかと
思います

OcaansLoveのボランティアスタッフさんは
みんな同じ考えを持っている素晴らしい人達ばかりです。

それぞれ住んでるところも仕事も違いますが
心はみんな一緒なのだと思うと
凄い!!と感じちゃいます

ボランティアは自分自身のためにするもので
何のためではありませんが

心が一緒の人との出会いや一緒いる時間は
お金を出しても買えないものだと

私は思います。

Give and take

For you という気持ちから始まり 

For me になっていたら

最高ですね。




| Kaoru Suzuki | ボランティア | 20:52 | comments(0) | - |
ありさちゃんのリハビリ
2週間ぶりのありさちゃんのリハビリラッキー

今日のありさちゃんはかなりのハイテンション!

メニューをしっかりこなしてくれて嬉しくなります。

そしてこの前から練習を始めてた膝立ち歩きが出来る様に
なっていてビックリびっくり

ありさちゃんはちゃんと解るとできるようになるところが
本当に凄い拍手

脳に障ガイがあって理解するまでに時間がかかるけど
どうやって動かすと言うのが解るとちゃんと出来る様に
なるところが凄いノーノー

何でも出来ないと思わずに継続は力なりって
感じますねYES!
| Kaoru Suzuki | ボランティア | 13:01 | comments(0) | - |
ありさちゃんのリハビリ
今日から春休みのなので午前中からでしたニコニコ

午後からゴロゴロクラブ(障ガイ児の学童って感じのところです)
に行くのがイヤみたいでご機嫌斜めモゴモゴ

こっそり聞いたらやっぱりゴロゴロクラブに行きたくないと
言ってましたてれちゃう

だから突然拒否したりしてなかなか進みませんでしたね困惑

来週ゴロゴロクラブのお話を聞かせてもらうことになってますラッキー
| Kaoru Suzuki | ボランティア | 15:49 | comments(0) | - |
ありさちゃんのリハビリ
3週連続でありさちゃんのリハビリのお手伝い楽しい

今日もご機嫌でリハビリをしっかりやってくれましたグッド

ありさちゃんのリハビリを始めて1年になるけど
本当にいろいろ出来るようになっているので

日々の努力って凄いな〜と感じさせられます拍手
| Kaoru Suzuki | ボランティア | 17:38 | comments(0) | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ LINKS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE